*

私のオオカミ少年 韓国映画

私のオオカミ少年【ネタバレあり・感想】

更新日:

f:id:ms7daisuki:20161025115412j:plain

韓国では、2012年10月31日公開の映画。(日本では、2013年5月25日公開)2時間6分。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

あらすじ

f:id:ms7daisuki:20161025144200j:plain

病によって心を閉ざしてしまったスニ(パク・ボヨン)。療養のためソウルから田舎に引っ越した。そんなとき出会ったのが”オオカミ”少年のチョルス(ソン・ジュンギ)。人間の姿をしているのに、言葉も話せない、本当にオオカミのような姿のチョルスに少しずつ心を開いていくスニだが、チョルスの体には秘密が隠されていた。

 

登場人物

f:id:ms7daisuki:20161025124350p:plainチョルス(ソン・ジュンギ)

f:id:ms7daisuki:20161025124415p:plainスニ(パク・ボヨン)

f:id:ms7daisuki:20161025124455p:plainスニの母(チャン・ヨンナム)

f:id:ms7daisuki:20161025124523p:plainジテ(ユン・ヨンソク)

 

評価・感想

お星さま:

 

文句なしの5つ星です。
この映画(DVD)を初めて見たのは、去年のこと。もう何回見たでしょうか。太陽の末裔」にハマった流れで、もう一度こちらの作品見させていただきました。

さちこ
もうね、何度見ても涙なしには見られません。泣けます…

 

ソン・ジュンギの魅力がたっぷり詰まった作品

問答無用にジュンギ君はかっこいい!でも彼はかっこいいだけではない。

こちらの映画、ジュンギ君はほぼセリフがありません。
目や、表情だけで演技されていて、そして、「オオカミ少年」ですから、動作のほとんどがオオカミのような振る舞いです。ごはんの食べ方だったり、匂いを嗅ぐしぐさだったり、人間の姿をしたオオカミそのものでした。

相当研究されたんじゃないでしょうかね。なんの違和感もありませんでした。

f:id:ms7daisuki:20161025131108j:plain

f:id:ms7daisuki:20161025131148j:plain

そして、切ない役どころです。

人間に勝手に作られ、危険なやつだと言われ、結局は射殺されそうになり、愛してくれたスニでさえも47年間チョルスのことを忘れてしまった。それでもずっとスニを待ち続けていたチョルス。

そんな役どころを素敵に演じていました。

ジュンギ君は、切ない演技がたまらなく上手ですね。「トキメキ☆成均館スキャンダル」で一躍有名になった彼ですが、もちろんプレイボーイで華やかな衣装を身にまとった彼も素敵ではありましたが、私的には断然シリアスな感じのほうがしっくりきますねー。

「太陽の末裔」も切ないシーンがたくさんありましたが、表情がたまらなく素敵なんです。瞳の奥の憂いというか…こんな素敵な俳優さんのいる韓国が、羨ましいくらいです(笑)

演技の上手さで言えば、韓国の若手の俳優さんの中でも群を抜いている気がします。

 

管理人の好きなシーン

チョルスとスニが心を通わすシーン

2人の心を通わすシーンは、どれもとても温かく、素敵なシーンがたくさんあります。とくに、オレンジの光で包まれた温かい空間で、スニがチョルスに弾き語りをするシーン。

f:id:ms7daisuki:20161025135457j:plain

f:id:ms7daisuki:20161025135516j:plain

f:id:ms7daisuki:20161025135528j:plain

言葉もわからない、人間に警戒心を持っていたチョルスも、スニには最初からとても優しいんです。スニは自分に害をもたらす存在ではないこと、チョルスにはちゃんとわかっているようです。

スニに行為を持つしつこいジテから、本能で守ってあげようとするチョルスにはなんだか愛犬のような…そんな忠誠心が感じられて素敵でした。頭を撫でてもらうのが大好きで、スニの後ろを歩くチョルス。スニを心から愛し、信じていたのでしょう。

チョルスを守ろうとするスニ。

このジテが悪い奴でねぇ。悪い奴っていうか、不器用で、愛すること、愛されることを知らないかわいそうな奴なんですよ。

スニのことが好きなんだけど、愛しかたを間違ってしまい、スニにとっては恨めしい人となっています。

そんなジテですが、チョルスとスニがあまりにも心が通じ合っていることがおもしろくありません。特殊な能力を持っているチョルスを殺そうとする計画を考えています。ジテはあらゆる手を使ってチョルスの命を狙っていき、結局追い込まれてしまったチョルス。

チョルスを守るため、スニはチョルスを森の中へ置いていこうとします。でも、お互いに離れたくない2人。チョルスは、スニについていこうとします。そして、スニは泣きながらも仕方なく、チョルスを罵り、石を投げつけ引き離します。

そんなとき、チョルスが初めて発した言葉。

「カジマ…(行かないで)」

f:id:ms7daisuki:20161025140944j:plain

どんなに心が通じ合っていても、一緒にいられない2人。

ここは本当に切ないシーンで、ボヨンちゃんとジュンギ君の演技が光っていましたね。

47年後、2人はまた出会う。

あの日、チョルスを森の中に置いていった日から47年間の月日が経ちます。

チョルスはスニをずっと待ち続けていました。

何故なら、スニがこの家を離れて行くときに、チョルスに手紙を書いていたから。

f:id:ms7daisuki:20161025141621j:plain

47年間もこの手紙を信じ、待ち続けていたのです。

ジテが壊してしまった、2人の想い出のギターも直して…。

f:id:ms7daisuki:20161025141702j:plain

ここから終盤にかけてのジュンギ君の演技が本当に素敵なんです。切なくて、でも温かくて…。

スニと約束したのに果たせなかった約束。エンドロールまで見逃せません。

人間は勝手な生き物。自分を作り出したのに、愛ももらえず、厄介者にされ…でもスニに温かい愛をもらったチョルス。この先チョルスはスニなしで、どうやって生きていくのかと思うと、本当に切なくて涙が止まりませんでした。

ちょっとくすっと笑えるシーンも。

物語の途中でスニは、チョルスに替えの服に着替えさせようとするも、見つからず、タンスにあったチマチョゴリを着せます。

その課程がなんか楽しくなったようで、スニは自分の顔にもチョルスの顔にも落書きをし始めます 😆 なんともかわいらしいシーンで、2人のまぬけな顔にくすっと笑ってしまいました。

ぜひ、このシーンは直接見て楽しんで欲しいです。

 

まとめ

1つ1つ切り取りたくなるくらい、素敵なシーンが満載なこちらの映画。ジュンギ君とボヨンちゃんの演技は言うまでもなく。異色な設定ではありますが、ピュアな初恋を思い出させてくれます。

くすっと笑わせてくれるシーンから、切なくなったり、温かくなったり、この時期にぴったりの作品です。

ジュンギ君・ボヨンちゃんのファンでなくとも、おすすめの映画です 🙂 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-私のオオカミ少年, 韓国映画

Copyright© KOREAn TIME , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.